伊勢 親子旅

【子どもと一緒に伊勢神宮②】外宮の次は内宮も参拝

投稿日:2018年12月29日 更新日:

伊勢神宮の内宮にはどうやって行くの?

前日の外宮参拝に引き続き、内宮参拝にやってきました。

伊勢神宮 』の『 内宮(ないくう)』と『 外宮(げくう)』は5Kmほど離れた場所にあり、通常は車やパス・タクシーなどで移動するのが一般的です。



内宮周辺には駐車場がたくさんあるので、通常の参拝で困ることはありませんが、大晦日・お正月は駐車場もたいへん混雑するようです。特に道路は高速道路ICを降りる前から大渋滞するほどですので、大晦日・お正月に車で参拝する方は注意が必要です。

ちなみに、駐車場は『 7:00~17:00 2時間500円、以降30分100円 』という料金設定が多いようです。

内宮近くの『 神宮会館 』という宿泊所では、宿泊者限定で朝6時30分からの早朝参拝も行っており人気も高いので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

伊勢神宮の内宮ってどんなところ?

宇治橋鳥居をくぐり、宇治橋という長い橋を渡ると、内宮入口に到着です。

参拝マナーとして、参道の真ん中は神様の通り道とされているので、『内宮』では右側を、『外宮』では左側を歩くよう言われています。(公式マナー)

また、手水舎でもお清めはできますが、『 五十鈴川 の御手洗場』でも同じようにお清めができるので、子どもが川に落ちないように気を付けてお清めしてみてください。

奥にある『 天照大御神(あまてらすおおみかみ) 』を祀る『 正宮 皇大神宮(しょうぐう こうたいじんぐう) 』でお参りをすませ、『 御厩(おうまや) 』で神馬にあいさつをして、伊勢神宮での参拝が完了です!(神馬のあいさつは必須ではありません。)

歴史のある神社仏閣に触れることは、子どもにとってもアイデンティティを育てることができ、情操教育としても良いと考えられますので、小さい頃からたくさんの文化や歴史に触れさせてあげたいですね!

他にも別宮がたくさんありますので、お時間の許す限り別院も参拝してみてください!伊勢神宮は2000年の歴史を感じる、荘厳ですが親しみ深い場所でした。

人気情報ランキング

1

ゆうえんちモートピアをお得に利用するには? 『 鈴鹿サーキット 』といえば、毎年11月に開催される『 F1日本グランプリ 』などのモータースポーツが有名ですが、車好きでもそうでなくても楽しめ ...

2

伊勢シーパラダイスってどんなところ? 『 伊勢シーパラダイス 』は伊勢神宮で有名な三重県伊勢市にあるふれあい水族館で、1966年に開業した古くから親しまれている水族館です。 『伊勢神宮』からは車で15 ...

3

千早川でフライフィッシングに初挑戦! フライフィッシング用品メーカーの社長にお誘いいただき、金剛山の中腹にある『千早川マス釣り場』で『親子フライフィッシング』に挑戦しました。 『千早川マス釣り場』は金 ...

-伊勢, 親子旅

Copyright© 親子であそぼ~よ , 2022 All Rights Reserved.