キャンプ 丹波 親子遊び

【晩秋キャンプ】丹波篠山渓谷の森公園で連泊キャンプ

投稿日:2018年11月25日 更新日:

晩秋の丹波篠山はとっても寒かった

11月下旬、2018年のキャンプシーズンも終わりを迎えるので、『丹波篠山渓谷の森公園』で2泊のキャンプをすることにしました。

『丹波篠山渓谷の森公園』は篠山市街の南東、山に囲まれた場所にあるキャンプ場で、各サイトは段差で仕切られている作りになっています。

今回は古い知り合いと2家族でのキャンプなので隣同士のサイトにしましたが、1メートルくらいの段差があり、行き来するのがけっこう大変でした。

我が家はOGAWAのワンポールテントにOGAWAのカーサイドタープを組み合わせた簡単セッティングにしたので、早々にテントとタープを設営して子どもたちと遊びにいきます。

奥にあるワンポールテントとカーサイトタープが我が家のサイト

お隣が持ってきてくれたラジオフライヤーに子どもたちを乗せて、下の公園まで出発です。

山の斜面を利用したキャンプサイトだけあって、管理棟の隣の公園まではけっこう下ります。ラジオフライヤーは子どもたちにも大人気で、移動も楽ちんで、子ども連れにはおすすめギアです!

キャンプは2家族くらいがちょうどいい

今年は我が家だけのキャンプ、2家族キャンプ、3家族キャンプと色々キャンプしましたが、一番楽ちんなのは2家族でのキャンプでした。

2サイトだとキャンプ場予約もしやすいし、大人が4人いると子どもの面倒も誰かが見られるし、テント設営・キッチン設営などもものすごく捗りますし、何より食事の幅が広がるのでいいですね。

子どもたちにとっても、他の家族の子どもと遊べるのが、何より嬉しかったようです。

夕方、日が落ちると寒くなってきたので、お隣りのテント『スノーピーク ランドロック』にお邪魔します。

『ランドロック』は2ルームテントで、全室がとっても広いので、2家族の団らんには最適なサイズですね!

激寒の夜を超えて、霜の降りる朝

渓谷の森公園キャンプ場は電源の利用が可能で、我が家も電源を借りてテント内に電気毛布とファンヒーターを持ち込みます。

子供たちは冬用のシュラフも使ったのですが、外からくる冷気はかなりのもので、夏用シュラフの私は夜中に何度も目を覚ましました。

キャンプ場の朝は早く、7時前には子供たちも目覚めて騒ぎ始めます。それで、子どもたちがあまりに騒ぐので外に出てみると、寒いはずです。あたり一面に霜が降りていました。

なんでも、その日の最低気温は0度で、完全に冬キャンプになってしまいました。電源がなかったらアウトでしたね。。

このキャンプは連泊なので、あと1日ゆっくりできるのが嬉しいですね。やっぱり連泊は最高です。

篠山に子どもたちが楽しめる場所を見つけたので、そこで1日遊んできます!

   

人気情報ランキング

1

ゆうえんちモートピアをお得に利用するには? 『 鈴鹿サーキット 』といえば、毎年11月に開催される『 F1日本グランプリ 』などのモータースポーツが有名ですが、車好きでもそうでなくても楽しめ ...

2

伊勢シーパラダイスってどんなところ? 『 伊勢シーパラダイス 』は伊勢神宮で有名な三重県伊勢市にあるふれあい水族館で、1966年に開業した古くから親しまれている水族館です。 『伊勢神宮』からは車で15 ...

3

千早川でフライフィッシングに初挑戦! フライフィッシング用品メーカーの社長にお誘いいただき、金剛山の中腹にある『千早川マス釣り場』で『親子フライフィッシング』に挑戦しました。 『千早川マス釣り場』は金 ...

-キャンプ, 丹波, 親子遊び

Copyright© 親子であそぼ~よ , 2022 All Rights Reserved.