台湾 男旅 親子遊び

【台湾の動物園レポ】台北市立動物園はとっても広くて大満足!

投稿日:2018年1月19日 更新日:

台北市立動物園は雨でも楽しい大型動物園

この日、台北は朝から雨降りでした。しかし、朝からウキウキな子どもには雨なんか関係ありません!

台北には雨の日でも子どもと楽しめる施設が色々あり、中でも『台北市立動物園』はその広さとコスパから、子ども連れに大変オススメです!

台北市立動物園は、MRT文湖線の終点の『動物園駅』にあり、台北駅からだと30分くらいで到着です。

駅の目の前に動物園の入り口があり、チケット売り場とゲートが見えてきます。

入園料は格安で、大人60元(220円)子ども30元(110円)未就学児は無料という、親切な料金設定です。

ここでも『悠遊カード(イージーカード)』が便利で、ゲートでかざすだけで入場できるので、チケット売り場が混雑していても並ぶ心配がありません。

台北市立動物園のゲートをくぐると

 

台北市立動物園は東京ディズニーランドの2倍の広さ

レインコートを着込んで歩いていくと、まずはフラミンゴが出迎えてくれます。

台北市立動物園のフラミンゴ

その近くには『コアラ館』や『パンダ館』もあり、平日だと入場予約なしに並ぶことなくパンダが見られます。週末や祝日だと、パンダ館入場チケットが入り口で配られ、記載してある時間に行かないと見られないので要注意ですね!

台北市立動物園のコアラ

台北市立動物園の広さは東京ディズニーランドの約2倍と言われ、実際相当広いです。

おそらく歩いて周ろうとすると時間もかかり、かなり疲れると思いますので、便利なのが『園内バス』です。

『コアラ館』のすぐ近くから出発し、動物園奥の『鳥園広場』までバスが運んでくれて、1回5元(18円、未就学児は無料)とこれも格安で、『悠遊カード』で支払いもできて大変便利です!

おすすめとしては、まず園内バスで『鳥園広場』まで進み、『温帯動物区』や『アフリカ動物区』を歩いて見て周ると、子どもも疲れにくくて楽しめると思います。

台北市立動物園の園内バス

バスを降りると、あとは子どもと一緒に動物たちを観て周ります。

園内では、日本語のマップももらえるので安心ですね!

台北市立動物園の地図

 

エリアごとに特色のある動物たち

『台北市立動物園』は、広大な敷地がエリアで分かれていて、それぞれ特色にあった動物たちが見られます。

『温帯動物区』ではクマやバイソン、『アフリカ動物区』ではゾウやライオン・カバやサイといったように、それぞれのエリアで飽きない工夫が見られます。

台北市立動物園の鳥と戯れる

台北市立動物園のゾウ達

台北市立動物園の水中カバ

お腹がすいたら近くの売店でチキンやボテトをつまみ、あっという間に一日が過ぎていきます。

教育センター(入場料20元、未就学児無料)では、恐竜のレプリカや大昔の動物なども見られて、全て見るには1日では足りないくらいでした。

子どもと一緒に台北で楽しむなら、『台北市立動物園』がおすすめです!

『動物園駅』の近くには、お茶などで有名な『猫空』へのロープウェイ乗り場もありますので、子どもの疲れ具合を見て、足を伸ばしてみるのもいいですね!

 

人気情報ランキング

1

ゆうえんちモートピアをお得に利用するには? 『 鈴鹿サーキット 』といえば、毎年11月に開催される『 F1日本グランプリ 』などのモータースポーツが有名ですが、車好きでもそうでなくても楽しめ ...

2

伊勢シーパラダイスってどんなところ? 『 伊勢シーパラダイス 』は伊勢神宮で有名な三重県伊勢市にあるふれあい水族館で、1966年に開業した古くから親しまれている水族館です。 『伊勢神宮』からは車で15 ...

3

千早川でフライフィッシングに初挑戦! フライフィッシング用品メーカーの社長にお誘いいただき、金剛山の中腹にある『千早川マス釣り場』で『親子フライフィッシング』に挑戦しました。 『千早川マス釣り場』は金 ...

-台湾, 男旅, 親子遊び

Copyright© 親子であそぼ~よ , 2022 All Rights Reserved.