台湾 男旅 親子遊び

【台湾の遊園地レポ】台北市児童新楽園は子どもの楽園!

投稿日:2018年1月18日 更新日:

台北で子どもと遊ぶなら遊園地がオススメ

6歳の子どもと台北で何をして遊ぼうかと、ずっと考えていました。

台北には、『故宮博物館』や『台北101』『中正紀念堂』など観光地も色々あり、近隣にも『千と千尋の神隠し』を彷彿とさせる『九份(ジュウフン)』や、澤木耕太郎作『深夜特急』でも取り上げられた『淡水(ダンシュエイ)』など、見どころは色々とあります。

ただ、6歳児が興味を持つかと言われると、どこも5分で飽きられる自信があったので、子どもの目線で台北で楽しむことを第一に考えました。

そこで、目的地に選んだのが『台北市児童新楽園』という遊園地です。

台北の北側、『士林(シーリン)駅』から歩いて15分くらいのところに、『台北市児童新楽園』はあります。

シャトルバスも出ているみたいですが、私たちは台湾の街の空気にも触れてみたいので、歩いて遊園地まで行くことにしました。

途中、華榮市場の熱気に圧倒され、セブンイレブンでジュースを買い、美崙公園を通り遊園地に到着です。

 

台北市児童新楽園はコスパ最強で、一日遊べる子連れの味方

『台北市児童新楽園』は入場料金+乗り物代というシステムで、入場料金は下記の表の通り、大人30元(だいたい110円)、6歳以下の子供は無料となっています。

遊園地のチケット料金

そして、乗り物は大型の乗り物(観覧車など)で1回20~30元(75円~110円)、屋内施設(ボールパークなど)は1回50元~80元(185円~300円)かかります。

大型の乗り物が一日乗り放題になるチケットもあり、こちらは平日大人120元(440円)、子ども100元(370円)と格安です。

遊園地の乗り放題チケット料金

いずれにせよ、入場料も乗り物料金も激安で、平日だと親子二人で1,000円もあれば遊べてしまいます。

ちなみに、乗り物料金支払う際もそれぞれのアトラクションに『悠遊カード(Easy Card)』の読み込み機があり、楽々です!

 

まずは『観覧車』で上空からの偵察

うちの子はジェットコースターなどの激しい乗り物が苦手で、まず最初は『観覧車』を選びました。

『観覧車』は30元(110円)で、40メートルの高さまで上がります。

観覧車からの風景1

観覧車からの風景2

「次はジェットコースターに乗ろうか?」と聞くと、「怖いのはイヤ~」と断ります。

最近なまいきな6歳児ですが、まだまだ子どもですね^ ^

乗り物は日本にもあるようなものが色々とあり、『メリーゴーラウンド』『汽車の乗り物』『バイキング』『飛行機が回る乗り物』など、身長が100センチを超えたら乗れるものがたくさんあります。(公式ホームページの乗り物ページ

うちの子は『観覧車』の後『バイキング』に乗り、非常に怖い思いをしたらしく、それ以降は穏やかな乗り物にしか乗りませんでした。

念願のメリーゴーラウンドでニッコリ

台北遊園地の子供向け遊具

 

食事は遊園地内のフードコートで。園内には屋内施設も完備。

昼前になると現地の小学生と思わしき団体がどんどん増えてきて、園内はけっこう賑やかです。

園内に食事するスペースは何か所かあり、コンビニも入っているのですが、今回は現地の小学生に混ざってフードコートで食事することにしました。

カレーライスと豚肉の唐揚げで、100元(370円)くらいです。

遊園地のフードコートで食事

味はまあフードコートという感じでしたが、おなか一杯になったので、子どもも満足した様子でした。

フードコートのある建物には、ボールパークなどの小型遊具施設もあり、うちの子どもは屋外よりもこちらのほうが好みにあったようです。(公式ホームページの小型遊具施設

ゲームセンターのゲームは1回10元~20元(37円~75円)で、ボールパークは1回50分で、子ども100元(370円)大人50元(185円)という感じです。

マリオカートで小休憩

台湾遊園地のボールパーク

『台北市児童新楽園』は幼児から小学校高学年くらいまでは十分に楽しめる、コスパ最強の親子向け施設でした。

もしお子さんがありきたりな台湾観光に疲れてしまったら、『台北市児童新楽園』まで足を伸ばしてみてください。

親子そろって楽しいこと、間違いなしです!

人気情報ランキング

1

ゆうえんちモートピアをお得に利用するには? 『 鈴鹿サーキット 』といえば、毎年11月に開催される『 F1日本グランプリ 』などのモータースポーツが有名ですが、車好きでもそうでなくても楽しめ ...

2

伊勢シーパラダイスってどんなところ? 『 伊勢シーパラダイス 』は伊勢神宮で有名な三重県伊勢市にあるふれあい水族館で、1966年に開業した古くから親しまれている水族館です。 『伊勢神宮』からは車で15 ...

3

千早川でフライフィッシングに初挑戦! フライフィッシング用品メーカーの社長にお誘いいただき、金剛山の中腹にある『千早川マス釣り場』で『親子フライフィッシング』に挑戦しました。 『千早川マス釣り場』は金 ...

-台湾, 男旅, 親子遊び

Copyright© 親子であそぼ~よ , 2022 All Rights Reserved.